行政書士の仕事

行政書士の仕事内容とは、「行政書士法」の中で次のように定められています。【行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。】

実に、作成可能な書類は幅広いものとなっています。私は、開業当初「権利義務」に関する書類、つまり、民事法務をメインに仕事をやっていこうかと思っていました。

しかし、ここ最近になって「官公署に提出する書類」である「許認可」の需要・受注が大きくなっています。よくよく考えると、「許認可」は行政書士の独占業務であり、他の資格者(弁護士除く)以外は「許認可」業務はしてならないことになっています。

自分のやりたい仕事も、もちろん大事にしていこうと思いますが、社会に求められる「許認可」業務も幅広いです。知識を深めて期待に応えていく所存です。

田川・嘉麻・飯塚で相続・遺言書作成・在留資格でお悩みなら

矢野浩三行政書士事務所まで        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA